子どもが主役の一粒園保育所

当園は、昭和47年に上の丸の地に一粒園保育所として開所しました。
平成25年4月に現在の本町に新園舎を建て、平成28年4月から幼保連携型認定こども園になりました。

私たちは、子どもが自ら成長する力を信じ、ひとりひとりの子どもが持つ素晴らしい力を引き出し、成長するお手伝いをしたいと思っています。
適切な時期に、適切な環境を用意すれば、子どもは本来持っている力で発達し成長していきます。「子ども(小さい)だからできない」ではなく「子ども(小さく)でもできる」ことは環境を整えることでたくさんあります。

子どもがひとりでできるようにするためには、子どもが今、何を見ているのか~、何を考えているのか~、何をやりたがっているのか~を私たちは気づき、知らなくてはいけません。そのために、当園では5~6人に保育者が一人といった割合で、子どもを見守り保育をしております。

お知らせ